自動車保険の種類とは

自動車を利用する際に必ず入っておきたいのが自動車保険です。気を付けて運転をしていても、他車の事故に巻き込まれてしまう可能性もあります。 その時に保険に入っていないと思わぬ高額な出費となってしまう事もあります。自動車保険のメリットを知り、自分に合った保険会社を選びましょう。 その前に、自動車保険の種類を知っておく必要があります。

自動車保険は大きく2つに分ける事ができます。まず一つが自賠責保険です。自賠責保険は全ての自動車に加入が義務付けられている保険です。 交通事故の被害者を救済するための法律に基づき決められています。その為、自賠責保険は対人に対してのみ有効となっています。 自分が怪我をしてしまった場合や自動車の修理代には保険を適用する事ができません。

自賠責保険が適用されない範囲の部分を保険として提供しているのが、もう一つの任意保険です。任意保険と一口に言っても色々な保険があります。 自賠責保険だけではまかなえない部分を補償する対人賠償保険や相手の車を破損させた場合に必要となる対物賠償保険。 運転手や搭乗者が怪我をした場合に必要となる、搭乗者傷害保険などがあります。 どの保険も自動車を安全に使用していくために必要となります。定期預金でせっかく貯めていても任意保険に加入せずに事故などしてしまえば到底そんな費用では払えません。 企業によってサービス内容や料金が変わってきますので、各社の比較を行い自分に合った保険会社を選ぶようにしましょう。